東海クラシック

October 04, 2009

ゴルフの神が書いたシナリオ:石川遼選手 優勝 おめでとう!

今日は夢のような一日でした。

家を6:30に出て、新幹線で名古屋に行き愛知県の三好カントリーに着いたのが9:40分。

最終組の前の組と、石川遼、池田勇太、梶川剛奨の最終組のティーオフを見送った。
解説に来ていた岡本綾子さんが見守る中、池田選手が「ゴルフ界の若大将」と紹介された。

石川選手が優勝した場合のインタビュー段取りを電通と東海テレビと打ち合わせ、した後、昼食。

石川選手がクラブハウス近くの9番・10番を通過するのを見届ける。
9番では奥につけた遼君がはずしごろのパーパットを見事に沈め一安心。

事件は10番ホールで起こった。ギャラリーにビデオを回している人がいて石川選手が直接注意をすることに。
その後、ティーオフしたが集中が切れたのであろう、右に飛んでいった。

結果がわからぬまま、暫定球を、今度はど真ん中にすばらしいハイボールを打つ。

最初の球はカート道にはねて結局OBとのこと。

暫定球はボギーパットが惜しくも入らずダボ。

直後の11番でバーディ。

中継の入る13番ホールから17番までを控え室で観戦。14番で60ヤードのアプローチをショートし、再びダボ。
この時点で首位に2打差まで落ちる。

しかし、この後がすごかった。

15番のティショットはフェァウェイど真ん中を引き裂く340ヤード。残り225ヤードを4番アイアンで狙う。
(ちなみに遼君は3番が苦手、4番は得意)

セカンドを打った遼君が吠えた「Come ON!」!フォローの風に乗った打球はピンに向かって一直線、約2メートルにナイスオン!
見事に沈め「イーグル」(ちなみにイーグル賞100万円もゲット!)再び首位に並んだ。

16番は三好名物、日本で2番目に難しいホール。

遼君はここで惜しくもパーパットをはずしボギー。再び首位に一打差。

17番は425ヤードのパー4、池田、梶川がラフにはずす中、遼君がティショット。

打った瞬間に手を離すミスショット:ボールの出だしは左方向であったが、球は無事にスライスしてフェァウェイに着地。
ナイスミスショットであった。私にはこすったヒール玉に見えた。

2打目がまたもベタピンでラクラクバーディ。

そして、最終組3人が13アンダー首位タイで最終日最終ホール18番を迎える。

ティーショットは遼君が右のラフ、池田が左に引っ掛け、梶川がフェァウェイ。

18番ホールは465ヤードと長い上に、今日のピンポジションは右の池すぐ横で、ピンそばに落としても池まで転がりそうな距離だ。
事実米国ツアーで活躍する今田竜二選手を含む多くの選手が池に落としていた。

セカンドはまず梶川がグリーンセンターにナイスオン。15ヤードを超えるだろうバーディパットを狙う。

池田は左の林から果敢にグリーンを狙うも、昨年の最終日に続き池につかまり万事休す。

そして石川遼の「伝説のセカンド」を迎える。

幸いにもラフとはいえボールは浮いていた。逆に浮きすぎていたのでだるま落としが心配なほどであった。
池田選手のドロップ検討を含む長い待ち時間の間、遼君はドライバーを抜き出し、体が冷えないように素振りを繰り返していた。

7番アイアンに持ち替え、数回素振りを繰り返しセットに入る。

「あれっ!」と私は思った。状況から考えるとまず、グリーンに確実に乗せ、最悪でもプレーオフに持ち込むと思っていたからである。
なんと遼君のスタンスはピンを向いていたのだ。そう、2メートルはずすと池に落ち、その瞬間優勝ができない確率が90%になる方向へ。

そしてショットが放たれた、ラフからだったので少し低く重い弾道に感じた。方向は良かった。
「フライヤーになるな!」と思った。

最終日は荒天のためサスペンディッドになった二日目からは考えられない雲ひとつない青空。
その中から落ちてきた白球はピンの3ヤード手前に落ち傾斜がなければそのまま入りそうな勢いでピンに向かい50センチ手前に止まった。

「ウオー!」割れんばかりの拍手(後で帰りのタクシーの運転手に聞いたところその歓声はゴルフ場のはるか遠くまで聞こえたそうだ)

アマチュアのコンペではほぼOKの距離である!優勝は決まった!

その現場を生で見れたことは、無常の喜びである。遼君が初めてスポンサーのホストトーナメントで優勝した。

最終日を賞金ランキング1,2位と無名の優勝経験のない選手と周り、中継に入る14番でダボ、直後のにイーグル賞を決め、しかし直後にボギー、その後は連続バーディで優勝である。

遼君の後半は▲○ーー▲◎○△○○である。パーが二つしかない!ダボが二つは本年初であろう。
ワンイーグル、フォーバーディ、ワンボギー、ツーダブルボギーである。

こんなにエキサイティングなゴルフができるプロゴルファーが存在するであろうか?しかもこの展開であれば視聴者は釘付けで視聴率はうなぎ上りのはずである。

このシナリオは神にしか書けない。しかし、遼君が優勝することは確信を持っていた。

fee3956f.jpg



P.S.終わったあと、お父さんとも話をした。「優勝おめでとうございます、そしてありがとうございます。来週のハーディングパークはサンフランシスコといえども湖の周りで寒いので気温に気をつけてください」と挨拶をしたところ、「ありがとう!遼に伝えておくよ」と言われた。
(来週は世界選抜 vs 日本選抜のプレジデンツカップが行われる)

ハーディングパークは全米屈指の名コースでありながらもパブリックで気軽な価格でプレーができる。私も4回ほどプレーしたが、やりがいのある面白いコースである。
飛距離よりもコースマネージメントが重要で、遼くんもそれに気づき、日に日にスコアを伸ばしてゆくだろう!

imarketer at 19:26|Permalink

October 03, 2008

頑張れ!深堀圭一郎プロ

fukabori


コカ・コーラ東海クラシックでは石川遼選手は残念ながらアクシデントもあり、予選落ちしてしまいました。とっても残念です。。。。
前日も暇を見つけては練習に打ち込んでいたのに。練習しすぎたかな?

しかし、もう一人のホストプロの深堀圭一郎選手が大健闘しています!

初日はベストスコアの65で7アンダー単独首位。

二日目は一つスコアを落としたものの、同率首位をキープしています。

今期はトップテン入りが1回でしたが、前夜祭でホストプロ2名と紹介され、発奮したんでしょうか?前日のプロアマのラウンドでも小雨の降るコンディションの中、ホストとしていろんな方と談笑されていたのが印象的でした。

しかも、招待選手で2週連続優勝中のカミロ・ビジュガス選手が二日目3アンダーで11位に浮上してきました。

http://www.tokai-tv.com/cocacola/大会盛り上がって、深堀 vs. カミロのプレーオフ なんて展開になったら最高ですね。

imarketer at 23:58|Permalink

September 22, 2008

コカ・コーラ東海クラシック関連Webはじまっています。

39CCClassic
10月2日より愛知県三好カントリークラブで第39回コカ・コーラ東海クラシックが開催されます。

テレビの視聴率が落ちている中で、どうにかしてWEBを通じてスポンサーしている競技の視聴率改善が出来ないかと考えています。

今回は500万人のコカ・コーラパーク会員を活性化し、視聴につなげられないかと考えているところです。

既に東海テレビでは東海クラシックのページを始めており、本日(9月22日)よりはゴルフダイジェストオンラインで東海クラシック特集を始めてもらっており、その両サイトとコカ・コーラパーク有機的に融合し、うまく、いい流れが作れないかと思っております。

石川選手の活躍が一番視聴率に直結するのであろうけれど、仕組み的にWin-Winになれる方法がないか、、、、皆さんも注目してくださいね!

東海テレビのサイトには石川遼選手のインタビューも載っています。

東海テレビ 東海クラシックページ
http://www.tokai-tv.com/cocacola/
ゴルフダイジェストオンライン 東海クラシック特集 
http://www.golfdigest.co.jp/news/cocacola/campaign.asp
コカ・コーラ パーク
http://c.cocacola.co.jp



imarketer at 10:00|Permalink
記事検索
<ついに発売開始>
江端浩人 共著


コカ・コーラ パークが挑戦する
エコシステムマーケティング
CC Park

簡単!便利!会員特典盛りだくさん。
いますぐ登録しよう!


新規会員登録

Coca-Cola Parkとは
GEORGIA Blog Parts
上出来探検隊
家紋
Vingate Label Generator
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
RSS
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。