コカ・コーラ関連

April 15, 2011

日本コカ・コーラの夏季ピーク時の使用電力削減について

日本コカ・コーラは事業全体のピーク時(10-22時)電力を25%カット、

ステートメント: http://www.cocacola.co.jp/info/savingenergy_statement.html

ニュースリリース:  http://www.cocacola.co.jp/corporate/news/news_20110415.html

ピークカットシフト


2011 年4 月15 日
【報道発表資料】
日本コカ・コーラ株式会社
夏季ピーク時の使用電力を事業活動全体で削減
自動販売機で33%、事業活動全体を通じ25%以上の使用電力削減を目指します
日本のコカ・コーラシステムは業界のリーダーとして、夏季の電力供給不足に対する節電協力と
して、自主的な使用電力削減を6月から実施いたします。まず自動販売機については、お得意
様との緊密な連携を通じて33%の使用電力削減の達成してまいります。工場では、製品の安定
供給を確保しながら6 月上旬から9 月末までの約四か月間、東京電力管内で対前年比25%以
上の使用電力削減を達成することをめざします。これらの施策は、東京電力管内にある8 つの
工場すべてとオフィス約120 か所、および自動販売機約25 万台を対象とします。自動販売機の
施策については、関東4ボトラー社(利根コカ・コーラボトリング株式会社、三国コカ・コーラボトリ
ング株式会社、東京コカ・コーラボトリング株式会社、コカ・コーラセントラルジャパン株式会社)
において、実施に向けた準備を来週から開始します。

【自動販売機】
自動販売機を設置いただいている東京電力管内のお得意先様に対し、具体的な節電アクショ
ンをご提案することで、ともに節電を実現してまいります。既に実施している照明の24 時間消灯
や、ピークカット機能による13 時から16 時までの全台の冷却運転停止に加え、10 時から21 時
までのピーク時間帯に、3 つのグループに分けた自動販売機の冷却運転を輪番で停止いたし
ます。この施策により、10 時から21 時のピークタイムにおいては、どの時間帯においても必ず
コカ・コーラシステムの自販機においては、常に3 台に1 台が冷却のためのコンプレッサー機能
が停止している状態となります(イラスト参照)。そうすることで、夏場に必要な水分補給のための
飲料提供を継続しながらも、ピーク時間内における使用電力を33%削減いたします。輪番による
冷却運転の停止は6 月上旬より順次開始し、9 月末まで実施する予定です。

【工場】
東京電力管内の8 工場*は、従来から導入を進めてきたコージェネレーションシステムの使用
に加え、3 つのグループに分け平日に輪番で製造ラインを休止することで、25%以上の使用電
力削減を達成いたします。さらにすべての工場において5 日連続の生産を行うことから、合算で
使用電力を削減しながらも安定した供給を継続いたします。さらに、製造ラインを休止する日に
も市場への製品出荷は継続し、夏期の水分補給ニーズにしっかりと応えてまいります。
*8工場:コカ・コーライーストジャパンプロダクツ株式会社(CCEJP)茨城工場、イトシア株式会社
五霞工場、CCEJP 埼玉工場、CCEJP 岩槻工場、三国アセプティック株式会社 本社工場、
CCEJP 多摩工場、CCEJP 海老名工場、白州ヘルス飲料株式会社 白州工場

【オフィス】
東京電力管内におけるコカ・コーラシステム各社のオフィスにおいて、従来からの温度管理の
強化やクールビズなどの継続に加え、施設内の節電策や就業体制の変更などの追加活動プラ
ンを検討中です。


imarketer at 17:26|Permalink

April 14, 2011

コカ・コーラ パークTVの予告サイトがオープンしました。 http://bit.ly/fGOSdx

4月1日スタートを予定しておりました会員の会員による会員のための番組「コカ・コーラ パークTV」でございますが、4週間延期になり4月29日(金)夜22:00スタートに変更になりました。

本日、その予告サイトがスタートしております。

予告画像を見るだけでパークGがプレゼントされます。CCPARKTEASER


しかも、単なる予告編ではありません。番組の企画に繋がっております!

やってほしい企画大募集!
番組内で行なって欲しい企画を、皆様から募集しています!

ユニット名を決めよう!
会員から募集したユニット名から矢口真里さん、オリエンタル・ラジオさんが各1個づつ候補を選びました。

大予想チャレンジ in コカ・コーラパークTV
番組内で3人がバトルをしますのでその結果を皆で予想してくださいね!

宣伝させてください!
コカ・コーラ パークのトップページの「注目ワード」に一週間掲載されます。

というように企画が盛りだくさんです!

見てくださいね!

imarketer at 08:36|Permalink

March 24, 2011

コカ・コーラ:災害支援に総額25億円(3,100万米ドル)の拠出を決定 http://bit.ly/fEzSEJ

本日、コカ・コーラの新しいリリースが出ました。

コカ・コーラ:災害支援に総額25億円(3,100万米ドル)の拠出を決定

2011年3月24日
日本コカ・コーラ株式会社

2011年3月24日東京発 -ザ コカ・コーラ カンパニーは本日、去る3月14日発表の総額6億円(730万米ドル)の緊急支援(現金および飲料)に加え、新たに「コカ・コーラ 復興支援基金」を設立し、このたびの東北地方太平洋沖地震によって甚大な被害を受けられた被災地の復興・復旧ならびに被災者の皆様の支援のために資金拠出することを決定いたしました。これにより、この震災に対するコカ・コーラの支援総額は25億円となります。

このたびの新たなコミットメントは、ザ コカ・コーラ カンパニー会長兼CEOのムーター・ケントが今回来日した2日間の間に東京で開催した、同社取締役会エグゼクティブ・コミッティーの特別会議において決議されました。このたびの来日には、ザ コカ・コーラ カンパニー取締役でエグゼクティブ・コミッティーメンバーのハーバート・A・アレンおよび、同社筆頭取締役のジェームズ・D・ロビンソン3世が同行いたしました。

今回の発表に際し、ケント会長兼CEOは次のように述べています。
「私たちは、日本の地域社会ならびに私たちの事業にとって本当に必要な現地での支援は何なのか正しく理解するために自ら東京に来ることを切望していました。

私たちは、今まで見聞きしてきたことに深く心を動かされるとともに、救援活動に携わっていらっしゃる方々の懸命な作業と不屈の精神に深い感銘を受けています。私たちコカ・コーラと日本の皆様との60年近い関係を鑑みますと、私たちにできる復興努力はすべて行っていく所存です。特に今後数週間から数ヶ月は、現在行われている緊急の救援活動から、被災地のインフラの復旧と復興が活動の焦点になると考えています。

復興のためのニーズの見極めはまだまだこれからですが、この『コカ・コーラ 復興支援基金』は、主に学校等、各地域において被災した子供たちのために必要とされる公共施設の復興のために役立てていきたいと考えております。そのため、各地の適切な関係機関と密接に連携していく予定です。この基金には、当社の世界のコカ・コーラシステム社員からの寄付金も受け付けます。社員からの寄付金と同額を当社からマッチングして、すでに拠出を確定している25億円に上乗せして活用します。」

ケント会長兼CEOは東京滞在中、ザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人である日本コカ・コーラ株式会社の社員とも懇談し、日本の社員ならびに日本社会全般に対して引き続きしっかりとした支援を継続する姿勢を明らかにしました。

また、日本の全12ボトラー社の代表組織であるコカ・コーラ協会の末吉紀雄会長および他ボトラー関係者と会談し、被災地域の復旧活動に必要とされる支援について知見を得るとともに、事業継続計画を検討しました。この会談において会長兼CEOのケントは「ボトラー社の社員の皆さんは、緊急救援活動の支援や、被災地で渇望されている飲料の製造ならびに配送に、システムの最前線で取り組んでくれています。その支援の迅速な進展に深く感謝します。」と、ボトラー各社ならびにその社員の努力に深い謝意を表しました。

また末吉会長は「今回のような未曾有の災禍の中、ザ コカ・コーラ カンパニーによるこのような支援には深く感謝します。私は今回の震災が子供たちに与えた影響について特に心を痛めておりますが、この『コカ・コーラ 復興支援基金』が子供たちの教育関連施設等の復興を通じて次世代の育成に貢献してくれるであろう、と信じております。」と述べています。

「コカ・コーラ 復興支援基金」は、日本コカ・コーラと12ボトラー社がこれまで既に行っている物資提供と義捐金を通じた支援努力をさらに強化するものです。こうした実施済み支援内容には、主に政府や地方自治体などに対する700万本を超える飲料(水、茶、スポーツドリンクなど)の提供が含まれます。また災害対応自動販売機による製品の無償提供も実施しています。

ザ コカ・コーラ カンパニーについて

ザ コカ・コーラ カンパニーは、500種類を超える炭酸および非炭酸飲料ブランドで消費者に爽やかさをお届けしている世界最大の飲料会社です。世界で最も価値の高いブランドとして知られる「コカ・コーラ」を筆頭に、「ダイエットコーク」、「ファンタ」、「スプライト」、「コカ・コーラ ゼロ」、「グラソービタミンウォーター」、「パワーエイド」、「ミニッツメイド」、「シンプリー」、「ジョージア」など、年間10億ドル以上の売り上げを誇る14ブランドを含めて、幅広いポートフォリオで展開しています。当社はまた、炭酸飲料、果汁および低果汁飲料、RTD茶系飲料、RTDコーヒー飲料も提供するNo.1の飲料メーカーです。世界最大の流通システムを通じて、200ヵ国以上の消費者が1日約17億杯の割合で当社製品を愛飲しています。当社は、持続可能な地域社会の構築に向けた継続的な取り組みの中で、事業を展開している地域における環境保全や資源の保護、そして地域の経済的な発展にむけた取り組みに注力しています。ザ コカ・コーラ カンパニーに関する詳しい情報は、当社ホームページwww.thecoca-colacompany.com.をご覧ください。


imarketer at 15:30|Permalink

March 14, 2011

【コカ・コーラ システム】総額約6億円相当の義捐金および飲料を拠出することを決定 http://bit.ly/hJIADf

コカ・コーラ システムの発表第二弾がありました。

以下は転載です。詳しい情報はこちらでお願いします。
プレスリリースはこちら
2011年3月14日

 東北地方太平洋沖地震にて被災されたすべての地域の皆様ならびにご関係の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。甚大なる災禍からの少しでも早い復興に向け、コカ・コーラとしてできる限りのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

 日本のコカ・コーラシステム(日本コカ・コーラおよび全12ボトリング会社)は、東北地方太平洋沖地震の被災地域と被災者支援策として、とりいそぎ総額約6億円相当の義捐金および飲料を拠出することを決定いたしました。

 昨日報道発表いたしました飲料30万ケースの現物提供に加え、ザ コカ・コーラ カンパニー(米国ジョージア州アトランタ、会長兼最高経営責任者ムーター・ケント)ならびにコカ・コーラ協会(東京都港区六本木、会長:末吉紀雄)から義捐金も拠出いたします。これらの支援額は、合計6億円超になると想定しています。具体的な支援先や時期等については、今後の状況に応じて優先順位を明確にし、対応してまいります。

 また節電への協力として、全国のネオン看板の消灯を決定し、関係各位への協力要請を開始いたしました。その他の支援・協力策についても引き続き検討してまいります。


imarketer at 13:05|Permalink

February 20, 2011

21日、ジョージア ヴィテージのリニューアルです! http://bit.ly/fSp22p

明日ジョージア ヴィテージがリニューアルします。
news_20110214_1


2007年に渡哲也さんと久しぶりに復帰した中山美穂さん

2008年には田崎信也さんに登場いただいたヴィンテージレーベルが

2009,2010と続いたバリスタチャンピオン、ダブルバリスタチャンピオンブレンドから進化して

  長期熟成豆”の旨みをさらに引き出した

    新ジョージア ヴィンテージ

として2011年に登場します。

長期熟成豆を利用したブレンドは通常の190mlより若干少なめな180mlです。

また2月23日からスタートするテレビCMでは新展開が。お楽しみに!

imarketer at 21:12|Permalink

February 11, 2011

昨日はありがとうございました!人生2番目にうれしいイベントでした!

昨日はサプライズで部下と親しい仲間に就任祝いパーティを開いていただきました。

053613
 昨日の写真ではありませんが同じメンバーです。

先週”昇格なう。バイスプレジデントになりました。 ”とつぶやかせていただいてから、タイムラインはお祝いで埋まり、会社は祝福のお花やギフトで埋まって行きましたが、昨日は幸せで心が埋まりました。

コカ・コーラ入社当時インターネットを活用したマーケティングはまだ新しい上に、社内でもその効用が認められていない中、戦略をたて、その戦略を実行するための組織をつくり、実行できるパートナーを集めひたすら頑張ってきた思いがあります。

やはり、持つべきは”仲間”と再認識しました。

2011021111440000


ただ今、我々が行なわなければいけないことは、気を引き締めて謙虚になり、今までどおりいや今まで以上にしっかりと着実にやるべきことをやってゆくことです。皆様、是非よろしくお願いいたします。

ではなぜ昨日のサプライズが人生2番目なのか?

やはり1番のイベントは結婚披露宴ということにしないと色々差し障りがあるので、、、





imarketer at 11:21|Permalink

January 22, 2011

【予告】コカ・コーラ パーク 1,000万人に向けて

コカ・コーラ パークの会員は950万人を超えて、順調に1,000万人に進んでおります。

実は退会者などを含むと累計登録者は1,000万人を超えていますが。。。。。。

現在1,000万人記念企画をいろいろ考えております。

そのために色々な方にご協力いただいております。

1,000万人を一つの通過点としてより大きく飛躍できるように、仕掛けてゆきますので皆さん、ご期待ください!

imarketer at 14:49|Permalink

January 19, 2011

次々と施策を実施しています。

2011年、明けてまだ3週間たっていませんが、続々と企画が立ち上がっております。

1月1日 コカ・コーラ パーク 新春キャンペーン開始
http://c.cocacola.co.jp/si_ccp/cg060/campaign/

1月15日 コカ・コーラ パーク facebookファンページ 開始
http://www.facebook.com/cocacolapark

1月17日 ”100万円当たる!スゴイ自販機”mixi & facebookアプリを開始
mixi: http://mixi.jp/run_appli.pl?id=28835

facebook http://apps.facebook.com/sugoijihanki/?ref=bookmarks&count=0

1月17日 ジョージア:男ですいません(今日もジョージア) キャンペーン開始
http://georgia.jp/
Livedoor Jack! 開始

1月17日 王道のエメマン、リニューアル(ダウンタウン、エメマンバトルシリーズ第3,4弾)
http://georgia.jp/emb-battle/cm/03.html


1月17日 ジョージアポイントプログラム、男のジョージアカタログ開始
https://secure.cp.georgia.jp/g/index.jsp

1月17日 アクエリアスビタミンガード リニューアル(綾瀬はるか、欲バリチャージ)
http://aquarius-sports.jp/vg/index.html


imarketer at 10:21|Permalink

December 12, 2010

明日は大物との対談です、しっかり準備しなきゃ!

まだ詳細はお話できないのですが、明日業界のリーダーたちと対談を行ないます。

内容に関してはソーシャルメディアに関する内容になる予定ですが、現在影響力を持って経営を実践されている方数名をお呼びしての内容になります。コーディネーターも今をときめく経済評論家の方です。

前のブログで書いたコカ・コーラ ソーシャルメディアサミットはどちらかというと、理論およびこれから伸びてゆくビジネス。ですが

今回の対談は後日公開いたしますがどちらかというと実践と現在行なわれているビジネスなのでかなり違う観点になると思います。ヒントとしてはビジネス関係はすべて日本コカ・コーラと深く関わって頂いていらっしゃる企業のかたがたになります。

謎だらけで申し訳ないのですが、情報公開までしばらくお待ちください!

今回の対談も、ソーシャメディアサミットも、数多くのスタッフが頑張ってくれています。

皆様、いつもありがとうございます!私も最高の対談になるよう頑張ります!

imarketer at 23:18|Permalink

December 10, 2010

【告知】コカ・コーラソーシャルメディアサミット12/27開催。 http://bit.ly/id6o0g

ちょっと大げさな名前ですが、
コカ・コーラ ソーシャルメディア サミットを12月27日に開催します。

参加者の応募受付をしておりますので
こちらから http://bit.ly/id6o0gご応募してください。

本年、お世話になった皆様をご招待し、またコカ・コーラ パークの会員の皆様からも抽選でご招待させていただきます。
完全な招待制イベントなので場所は告知できませんが下記が概要です。

12月27日(月)13:00- 都内某所

<Part 1:招待者のご講演>
湯川さん最初に
ITジャーナリスト
TechWave編集長
湯川鶴章氏
ソーシャルメディアの
最新トレンド等
ご紹介いただきます。


芦田先生続きまして
東海大学教授
芦田宏直氏
ソーシャルメディアが
社会に与える影響や
個人に与える影響等
ご紹介いただきます。


野田さん続きまして
グルーポン・ジャパン
執行役員の
野田臣吾氏
グルーポンの戦略や
ビジネスモデル等を
ご紹介いただきます。


森岡さん続きまして
Facebook
日本副代表
森岡康一氏
Facebookの戦略や
ビジネスモデル等を
ご紹介いただきます。


田中さん続きまして
「宣伝会議」編集室長
田中里沙氏
上記4名のパネルを
コーディネートして
会場を巻き込んだ熱い
議論をいただきます。


<Part 2:コカ・コーラの講演 および 参加者のディスカッション>
CCPARK
私がコカ・コーラ パークのソーシャルメディアの取り組みと戦略についてご紹介します。
その後、参加者がグループに分かれ、ソーシャルメディアに関する議論をしていただき、いくつかのグループには結果を発表していただきます。

<Part 3:懇親会 および 学生によるプレゼンテーション>
会場は懇親会も兼ねたリラックスした雰囲気の中、

applim1
大学生によるマーケティングコンテストapplimのコカ・コーラ パーク賞受賞チーム含め数チームや

CyberAgent
サイバーエージェントのインターンによるビジネスプレゼンテーションを行なっていただきます。

こちらから http://bit.ly/id6o0gご応募してください。

インターネットは今、「ソーシャル」の力によりその姿を大きく変えようとしています。
本イベントでは、注目の「ソーシャルメディア」を代表する識者の方々をゲストに迎え、「2011年のソーシャルメディア」をテーマにしたプレゼンテーション、パネルディスカッションなどを行います。
本イベントにコカ・コーラパーク会員の中から、50名様をご招待いたします。
プログラムには、全員参加によるディスカッションも含まれていますので、ご興味のある方は、是非ご参加ください。
.(1)コカ・コーラ パーク会員であること
(2)ご自分のブログをお持ちの方
(3)Twitterアカウントをお持ちの方(任意)
.2010年12月27日(月) 13:00〜19:30
※懇親会にて軽食をご用意しております。
.場所:渋谷某所
.2010年12月8日(水)10:00〜12月15日(水) 24:00
.注意事項をお読みの上以下の応募フォームよりご応募ください。
.ご応募いただいた方の中から、厳正な抽選の上当選者を決定いたします。
※ご当選された方には、12月17日(金)〜 22日(水)の間に運営事務局よりメールにてご連絡いたします。
.本キャンペーンは日本コカ・コーラ株式会社が企画・主催しています。
ご記入いただいた個人情報は本キャンペーンの抽選及び必要書類送付等の目的以外の用途には使用いたしません。
その他の個人情報の取扱に関しては、プライバシーポリシーをご参照ください。
お客様の個人情報を、お客様の同意なしに、業務委託先外の第三者に開示・提示することはありません。
(法令などにより開示を求められた場合を除く)
諸般の事情により日程・会場が変更になる場合があります。予めご了承ください。
現地までの交通費、宿泊費等の諸費用は当選者のご負担となります。
移動中・会場内での事故やトラブルについて当社は責任を負いません。
イベント内容に関する一切の知的財産権その他の権利(アイデアを含む)は、当社に帰属することとなります。
イベントの模様は、新聞・テレビ・WEBなどの各種メディアや日本コカ・コーラ株式会社が運営するWEBサイトに掲載させていただく場合があります。予めご了承ください。
ご当選の権利はご本人のものとし、換金、譲渡はできません。
キャンセルは原則的に不可となりますのでご了承ください。
ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
本プログラムには、全員参加によるディスカッションが含まれております。予めご了承ください。




imarketer at 07:21|Permalink
記事検索
<ついに発売開始>
江端浩人 共著


コカ・コーラ パークが挑戦する
エコシステムマーケティング
CC Park

簡単!便利!会員特典盛りだくさん。
いますぐ登録しよう!


新規会員登録

Coca-Cola Parkとは
GEORGIA Blog Parts
上出来探検隊
家紋
Vingate Label Generator
Recent Comments
QRコード
QRコード
RSS
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク