June 11, 2008

日本の携帯市場は世界一?

AppleのiPhoneの日本発売が7月11日に決まったそうである。日本の携帯市場も成熟期に入ってきて今までの成長一辺倒から変革する時期の商品投入は象徴的なのかもしれない。

本を一冊紹介したいと思う。

世界一不思議な日本のケータイ


最近、出版された総務省の携帯担当行政官が書いた本で、広い意味での携帯行政の現状と日本の国際競争力の向上に必要な要素としてキャリアーの垂直統合廃止を訴えている。

モバイル・マーケティングに携わる身としては共感する点も多い。

日本の携帯インターネットはiModeという特殊インフラで「公式サービス」という枠組みで成長してきた。この方法は携帯の普及期には規格統一による開発費用の合理化などによって日本の携帯サービスの普及に大きく役立ってきたとおもう。
2006年にMNPが導入され携帯の普及率も上限まで達しようとしている現在では、弊害も出始めている。例えば、公式サイトから公式ではないサイトへのリンク規制などである。

統計的にも公式サイトと勝手サイトのアクセスの差はなくなり、逆転しているという話もある。

コカ・コーラの中でも日本は携帯マーケティングが進んでいるという認識があるが、今のところ世界には互換性がなく、輸出しづらい状況が存在している。時間はかかるだろうが日本の携帯ビジネスが世界で日の目を見れるように筆者の谷脇事業政策課長にはがんばっていただきたいと思う。特にコンテンツ分野はアニメやゲームのように日本に一日の長があるはずである。

imarketer at 00:00│ おすすめ | プライベートな話題
記事検索
<ついに発売開始>
江端浩人 共著


コカ・コーラ パークが挑戦する
エコシステムマーケティング
CC Park

簡単!便利!会員特典盛りだくさん。
いますぐ登録しよう!


新規会員登録

Coca-Cola Parkとは
GEORGIA Blog Parts
上出来探検隊
家紋
Vingate Label Generator
Recent Comments
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク