February 2010

February 28, 2010

講演のお知らせ(4/5 Bridge)

「コカ・コーラパークが挑戦する エコシステムマーケティング」の共著者である本庄さん主催のBridgeで講演します。

ご登録はお早めに。。。。

明日、また違う講演もアップされるかも

BRIDGE 2010 April
 『メディアとマーケティングの革新』をテーマに開催!

昨年11月19日のBRIDGE 2009の反響を受けて、『BRIDGE』がシリーズ化!第二弾は 「メディアとマーケティングの革新」をテーマに4月5日(月)18:00〜20:45、渋谷区立商工会館で開催!
フリートーク・セッションとショート・プレゼンテーション、そしてネットワーキング・パーティを予定。

メインセッションでは、メディア/マーケティングのビジョナリー3名に、徳力ナビゲーターが挑みます。年初話題の本「FREE」「次世代メディアマーケティング」「エコシステムマーケティング」著者・監修者が揃い踏み。大局から具体論まで、自由な議論がたたかわされます。



【タイム・テーブル】
17:30 開場
18:00-18:15 オープニング
18:20-19:30 セッション『起業家の資質と興味』
19:35-20:45 ネットワーキング・パーティ

【登壇者】
パネリスト 
・江端浩人(日本コカ・コーラ インターラクティブ・マーケティング統括部長/ブログ imarketer.jp
・小林弘人(株式会社インフォバーン代表取締役CEO/ブログ kobahencom.weblogs.jp
・高広伯彦(スケダチ|高広伯彦事務所/ブログ http://www.mediologic.com/weblog/
ナビゲーター 
・徳力基彦(アジャイルメディア・ネットワーク株式会社代表取締役社長/ブログ blog.tokuriki.com

江端浩人さん:
世界初のインターネットDPEサービスのデジプリ創業などを経て、2005年日本コカ・コーラ入社。800万会員の「コカ・コーラ パーク」をはじめ、日本コカ・コーラのインタラクティブマーケティングを統括。
ブログ imarketer.jp
ツイッター @hirotoebata

小林弘人さん:
「WIRED」日本版や「サイゾー」を創刊、眞鍋かをりのブログ出版、「ギズモード・ジャパン」主宰など、数多くのメディア、ウェブサイトをプロデュース。誰でもメディア時代を看破した「新世紀メディア論」など著書多数。
ブログ http://kobahencom.weblogs.jp
ツイッター @kobahen

高広伯彦さん:
博報堂、電通、グーグルでデジタル領域を中心にしたキャンペーンやビジネスの開発と営業マーケティングに従事。2009年1月に独立し、広告の企画やビジネス開発コンサルティングを手掛ける「スケダチ」を主催。
ブログ http://www.mediologic.com/weblog/
ツイッター @sukedachi


徳力基彦さん:
NTT、コンサルティング会社、ソフトウェア開発会社を経て、2006年にブログ・ネットワークのアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーとして参画。ブロガーやツイッター・ユ―ザーとしても知られる。
ブログ http://blog.tokuriki.com/
ツイッター @tokuriki

メディアとマーケティングのオピニオン・リーダーに集まっていただきます。エキサイティングな三方に既成のテーマを押し付けるのはナンセンスと、今回はあえてフリートークとしました。

大企業のマーケター、メディア関係者、広告・マーケティング関係者、ベンチャー企業、クリエイターと幅広い層の方々に、刺激と活気を与えるセッションとなるでしょう。


そして、ネットワーキング・パーティは、他の方とセッションについて意見を交わして、つながってみるよい機会です。なお、聞いてみたいことがあれば、事前に教えてください。登壇者に伝えたいと思います。

昨年11/19のBRIDGE 2009でも好評のショート・プレゼンテーションは2本を予定しています。今回は趣向を変えて企画中です。乞うご期待。

========================

開催日時 04/05(月) 18:00 ? 20:45
受付開始 17:30(受付は2階)
会場 渋谷区立商工会館(渋谷区渋谷1-12-5 会場地図 http://bit.ly/aeOGXG)
参加費 3,000円
主催 BRIDGE 2010実行委員会
運営 有志(勝屋久、本荘修二ほか)、東京商工会議所渋谷支部情報分科会
協賛 TBD
協力 株式会社アドバンスド・メディア・オペレーションズ、アルカーナ株式会社、株式会社ウィズグループ ほか
定員 200人
参加登録 イベント申し込み http://bit.ly/badYW3
連絡先メールアドレス bridge20xx@gmail.com

参加者は、企業の規模やポジションを問わず、アントレプレナーシップを持って活動する広い範囲の人を対象とします。若い方、現場を担う方、例えば、プログラマーやクリエイターとして個人で活躍する方や、大企業で新事業関係などに取り組む方を含みます。今回は、企業のマーケターの方歓迎です。

【運営者】
■有志(勝屋久、本荘修二ほか)
勝屋久ブログ http://www.venturebeat.jp/katchaman/
本荘修二ブログ http://www.honjo.biz/blog/
■東京商工会議所渋谷支部情報分科会
ホームページ http://www.tokyo-cci.or.jp/shibuya/

BRIDGEの理念: 
情報技術に関係する多様な各分野で活躍の人々が一同に会し、刺激しあい新結合のきっかけとする。特に、イノベーティブな活動やコミュニティのリーダー達を招き、イノベーションのハブをネットワークを図る。それにより、個人の起業家精神のきづきと新エコシステム(生態系)の創造(人がつながり組み合わさってイノベーションを創造あるいは加速)につなげる。


<このイベントの性格と参加者へのお願い>
BRIDGE 2010は、いくつかのコミュニティや有志の協力を得て手作り的に進められているイベントです。

そして、つながることでポジティブな化学反応を起こす可能性がある方々が参加する度合いが、一般のイベントよりも高いと思われます。参加者同士、そしてコミュニティ間の交わりからの発展を期待しています。また、一般のイベントでは、各社の紹介でパネルの半分以上の時間を費やして本質的な議論が不足する例も多くみられます。

BRIDGE 2010では、ホームページにあるような情報は参加者みなさんがご存知のものとして、有効に時間を使っていきたいと考えています。

そして、(時間の制約でどこまで応えられるか分かりませんが、)期待や質問をお寄せください。事前に登壇者に伝えます。

とはいえ、手作り的なイベントの限界もあります。運営上、行き届かない点もあるかと思いますが、できるだけご協力をいただければ幸いです。申し込み後にキャンセルされるときは、その旨をご連絡下さい。もちろん努力いたしますが、みなさんも文字通り参加する・いっしょにつくる気持ちでいらしていただければ幸いです。


imarketer at 22:59|Permalink コカ・コーラ関連 | 気になるサービス

February 27, 2010

い・ろ・は・す が続々受賞!

いろはす

昨年、発売して大ヒットとなった
国産ミネラルウォーターの「い・ろ・は・す」

続々といろいろな賞を受賞しています。

2月22日 日経MJで発表された

日経優秀製品賞 MJ優秀賞

2月23日 産経リビング社発表 

主婦が選ぶ第16回「助かりました大賞」、食品部門
http://bit.ly/bSaC25

2月26日 産経新聞で発表された 

第19回地球環境大賞 環境大臣賞

コカ・コーラ社では本年も3月15日から植物由来成分利用の
プラントボトルの商品を爽健美茶で、
4月12日からはい・ろ・は・すで展開します。

2,045キロリットル相当の原油使用量削減効果の見込み
(*1)
植物由来素材の次世代型PETボトル 「プラントボトルTM」
「爽健美茶」「爽健美茶 黒冴」「い・ろ・は・す」で導入
2009年12月17日
日本コカ・コーラ株式会社(本社;渋谷区渋谷、代表取締役社長;ダニエル・H・セイヤー)では、 2010年より、植物由来の素材を使用したPETボトル「プラントボトルTM」を採用いたします。

「プラントボトルTM」は、植物由来の素材を一部に使用した国内製造のPETボトルです。素材の一部を植物由来とすることで、非再生資源である石油への依存を低減し、かつ、今までと同様に既存のPETボトルリサイクル工場で100%リサイクルが可能です。

2010年の3月15日より、植物の恵みがつまったロングセラーブランド「爽健美茶」および「爽健美茶 黒冴」に、続いて4月12日より、‘おいしい’と‘環境にいい’を両立させたミネラルウォーターブランド「い・ろ・は・す」に、それぞれ導入予定です。この3製品で、年間2,045キロリットル相当の原油使用量削減効果が見込まれます。ちなみに、この数値は、ガソリンに換算(*2)すると499キロリットルとなり、燃費1リットルあたり10kmの自動車で、地球を125周できる計算となります(*3)。

*1)PET樹脂1トン当たりの原油量に、「爽健美茶」ブランドおよび小型水製品の2009年販売数量見込みを乗じて算出。植物由来素材の
含有率は、平均16.5%で試算。

出典: 「石油化学製品のLCIデータ報告書<更新版>」(社)プラスチック処理促進協会・2009年3月)、

「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアルVer. 2.4 」(環境省 経済産業省・2009年3月)
*2)出典: 新日本石油株式会社ホームページ「石油便覧 第41表 石油製品別生産得率の推移」
*3)地球1周を40,000kmとして試算→499,000リットルx10km÷40,000=約125周。出典: 宇宙航空研究開発機構ホームページ

plantbottle

左から;「爽健美茶 黒冴」「爽健美茶」の各500ml、「い・ろ・は・す」の520ml「プラントボトルTM」



コカ・コーラシステムでは、飲料の製造・販売を通じてプラスの循環を生み出し、企業として社会とともに持続的に成長していくことを目指す全世界共通の事業指針「Live Positively��� -世界をプラスにまわそう-」のもと、地球にも人にもやさしい「サスティナブル・パッケージ(持続可能な容器)」に取り組んでいます。その一環として、製品のライフサイクルの視点から、リデュース、リユース、リサイクルの3Rを推進し、特にリデュース(容器の軽量化)については業界に先駆けて1970年代から取り組んでいます。



日本での本年の主な取り組みとしては、2月に、2リットルのPETボトルとして国内最軽量(38g)を実現しながら、ラクに持ちやすく注ぎやすい「ecoるボトル ラク持ち」をミネラルウォーターに導入しています。続いて、5月には、当社水製品容器の従来比で約40%もの軽量化を実現した、国内最軽量12gの520mlのボトル「ecoるボトル しぼる」を採用しました(*1)。

そして、2010年には、「サスティナブル・パッケージ(持続可能な容器)」に対する新たな取り組みとして、植物由来素材を一部使用した次世代型PETボトル「プラントボトルTM」を、「爽健美茶」「爽健美茶 黒冴」、および
「い・ろ・は・す」の3製品で導入いたします。

「プラントボトルTM」は、サトウキビから砂糖が精製される工程の副産物である糖蜜を、PET樹脂の構成成分に転換して使用しており、その際、糖蜜を最大で30%使用しています。

この「プラントボトルTM」の導入により、年間で約2,045キロリットルの原油使用量削減効果が見込めます。また、「プラントボトルTM」は、従来のPETボトルと形状、重量、強度の違いは全く無く、従来通り、お客様に安心して製品を飲用いただけるパッケージとなっています。



「プラントボトルTM」は、世界的に展開が始まっており、現在、デンマークで炭酸飲料ブランドに導入されているほか、カナダ西部では12月より、第21回オリンピック冬季競技大会(2010/バンクーバー)に向けて一部のブランドが「プラントボトルTM」で登場します。また、1月より米国西部の数都市で炭酸飲料ブランドなどに導入され、また、2010年にはブラジル、メキシコに加え、中国の上海万博でも導入が予定されています。



コカ・コーラシステムでは、今後もパッケージ革新に取り組み、将来的には、100%植物由来の非食料バイオマス(*2)を原料とした、リサイクル可能なボトルをつくり出すことを目指していきます。

*1)2009年10月時点/国内製造品500mlPETボトル対象/2.0Lの各サイズPETボトル対象/日本コカ・コーラ社調べ
*2)再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの。



■「プラントボトルTM」製造について
PET樹脂は2種類の素材からできています。1つは重量比でPETの30%を占めるモノエチレングリコール(MEG)、もう1つは残りの70%を占める精製テレフタル酸(PTA)です。現時点では、MEG素材を植物由来素材でつくり出すことが可能です。PET樹脂の製造開始時及び終了時に植物由来素材の含有量が変動するため、植物由来素材の混合率は最小5%から、最大30%となります。



■「プラントボトルTM」導入予定パッケージ
・「爽健美茶」 ; 500mlPETボトル各種、350mlPETボトル
・「爽健美茶 黒冴」 ; 500mlPETボトル
・「い・ろ・は・す」 ; 520mlPETボトル、280mlPETボトル



■「爽健美茶」ブランド概要
ブレンド茶シェア60%以上を占めるNo.1ブランド(*1)で、中身にもハトムギや玄米などをはじめとする15の植物素材を使用しています。2009年、全国発売から15周年を迎え、今年1月には総出荷本数150億本(*2)を達成しました。「爽やかさ、健やかさ、美しさをもたらしてくれるブレンド茶」というコンセプトのもと、香ばしく、すっきりと飲みやすい味わいで、男女問わず幅広い層の方々に親しまれ、無糖茶の定番として愛されています。また、爽健美茶ブランドの第2の柱として2009年8月に導入した「爽健美茶 黒冴」も男性を中心に大好評を博し、無糖茶新製品平均の約3倍の購入者数を獲得しました(*3)。今回の「プラントボトルTM」の導入により、爽健美茶は、内側にも外側にも植物のチカラを得て、進化してまいります。

*1)日刊経済通信社調べ。2008年ブレンド茶カテゴリー販売量シェア。
*2)日本コカ・コーラ社調べ。発売後から2009年1月までの総出荷量容量を基に500ml PET換算した場合。
*3)発売後5週間の累計実績。日本コカ・コーラ社調べ



■「い・ろ・は・す」ブランド概要
2009年5月に新発売された‘おいしい’と‘環境にいい’の両立を実現したミネラルウォーターブランドで、8月下旬には、カテゴリー史上最速(推定)で1億本(520ml PETボトル)を突破し(*1)、続いて11月中旬に2億本を突破しました。また、導入翌月(6月)以降、ミネラルウォーター小型No.1製品となっています(*2)。「い・ろ・は・す」のパッケージには飲み終わった後に簡単にしぼって潰せる、国内最軽量12gのPETボトルを採用しており、当社従来水製品に比べた場合、520ml PETボトル2億本で、2,799キロリットル(*3)の 原油削減効果が見込まれます。環境に配慮しているブランドとして、消費者からも高い評価をいただいております。今回の「プラントボトルTM」の採用により、環境問題への新しい取り組みを進めてまいります。

*1)出荷ベース、日本コカ・コーラ社調べ
*2)インテージMBI調べ。ボリュームベースシェア/手売りチャネル
*3)PET樹脂1トン当たりの原油量に、「爽健美茶」ブランドおよび小型水製品の2009年販売数量見込みを乗じて算出。植物由来素材の
含有率は、平均16.5%で試算。

出典: 「石油化学製品のLCIデータ報告書<更新版>」
(社)プラスチック処理促進協会・2009年3月)、

「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアルVer. 2.4 」
(環境省 経済産業省・2009年3月)
続きを読む

imarketer at 13:43|Permalink コカ・コーラ関連 | おすすめ

February 26, 2010

世界記録を更新しました


バンクーバーオリンピックがクライマックスを迎えようとしていますが、アクエリアスオリンピック応援パーク開催記念、コカ・コーラ パークビンゴイベントも過去最大の参加者で、自分の持つ記録を更新しました。

現在714,000人を超えて過去最高となりました。従来は708,000人。

次回のビンゴ大会は3月中に予定しています!

ギネス記録も申請予定、お楽しみに!



imarketer at 13:15|Permalink コカ・コーラ関連 | オリンピック

February 25, 2010

テレビ>インターネット>新聞

連日、新聞とインターネットに関していろいろな記事が発表されている。

まず、電通による日本の広告費。広告費の総額は前年比88.5%の5.9兆円と減少したが、わずかに伸ばしたインターネット広告が7,000億円に達し逆に6.700億円に減少した新聞を抜いた。

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2010/pdf/2010020-0222.pdf

次に日本経済新聞社が、3月23日に「日本経済新聞 電子版」を創刊する件。

月額4,000円で朝・夕刊の記事が読み放題。

http://markezine.jp/article/detail/9692

気になったのは、紙面を一覧できるビューアーがついているのであるが(KindleやiPadを意識?)そこに掲載される広告は「新聞」「インターネット」どちらに分類されるのであろうか?やはり「新聞」なのでしょう。

imarketer at 06:09|Permalink プライベートな話題 

February 24, 2010

eビジネス推進連合会 発足

一昨日の22日に日本のeビジネスの発展のための母体:eビジネス推進連合会が発足しました。

楽天とYahoo!が協力(楽天 三木谷社長が会長、Yahoo! 井上社長が副会長)としても注目されます。
昔、インターネットベンチャーを創業して、楽天やYahoo!でもeビジネスを展開していましたので感慨深いものがあります。
URLも http://jeba.jp/ なので親近感が沸きます。。。。

eビジネス推進連合会は、eビジネス・ITのさらなる活用と健全な発展を核に、日本の将来の成長戦略を描き、実現していくことを目標とする団体です。
主な活動として、政策提言、意見表明、調査、研究、会員向け支援活動を行ってまいります。
会員はIT業界に限らず、全産業におけるeビジネス、ITを利用している法人、個人事業主が対象となります。
jebaorg



imarketer at 09:14|Permalink

February 23, 2010

コカ・コーラ本社正面玄関

049198d5.jpgジョージア アドバンスの装飾になっています。


imarketer at 12:18|Permalink

3月20日のACフォーラムで講演します

acforum


3月20日のACフォーラムでの最初のスピーカーになりました。

http://ac-f.net/

実はそのあたりで大型(?!)案件を公表する予定なので当日はその詳細を話せるのではないかと思います。お楽しみに!

日時 2009年3月20日(土) 開場 10:30 開演 11:00予定
プログラム終了予定 20:00 交流会終了予定 22:00 
※例年、スピーカー含め過半数の方が交流会まで参加されます 今年も朝から晩まで、存分にお楽しみください
テーマ 「ソーシャルメディア時代のコミュニケーション戦略」
会場 TOKYO CULTURE CULTURE
東京カルチャーカルチャー
東京都江東区青海1丁目パレットタウン Zepp Tokyo2F
参加費 通常 15,000円/人(交流会は別途、当日会場で受付)満席御礼

お問い合わせ ACフォーラム事務局(2010@ac-f.net)
ACフォーラム2010事務局スタッフについてはこちらをご覧ください
(これまでのACフォーラムの開催実績はこちら)

twitter ACフォーラム事務局公式アカウント http://twitter.com/ACforum (ハッシュタグ #acf2010)

※今後、タイトル・スピーカーおよび時間の変更の可能性 がありますので予めご了承ください


Session Lecture
Opening ご挨拶
Program-1 コカ・コーラ パークが挑戦するエコシステム・マーケティング

江端浩人 氏
日本コカ・コーラ インタラクティブ・マーケティング統括部長

Program-2 日経ビジネス:雑誌からネット、そしてその先へ

瀬川明秀 氏
日経BP 日経ビジネスオンライン副編集長

Program-3 行政・市民を巻き込んだ広告+PRプロジェクト「夕張夫妻」物語

アーチャーみ香 氏
MS&L Japan アカウント・ディレクター

Program-4 デイリーポータルZ式 コンテンツ制作の掟 7箇条

林雄司 氏
ニフティ デイリーポータルZ編集長

Program-5 どうなる?どうする? PRビジネス

本田哲也 氏
ブルーカレント・ジャパン社長
山田まさる 氏
インテグレートCOO/コムデックス社長

モデレーター:鶴野充茂 氏
ビーンスター社長

Program-6 ソーシャルメディアで個人と企業はいかにコラボできるのか?

神田敏晶 氏
ジャーナリスト Kanda News Networks, Inc

Program-7 最新ツイッター・マーケティング事情

工藤然 氏
日産自動車 マーケティング本部 販売促進部
舛田淳 氏
ネイバージャパン株式会社 検索センター 事業戦略室 室長

モデレーター:徳力基彦 氏
アジャイルメディア・ネットワーク社長

Program-8 これからのブログの役割:アメブロ的視点

小池政秀 氏
サイバーエージェント アメーバ事業本部ゼネラルマネージャー

Program-9 大企業におけるソーシャルメディアマーケティング推進戦略
マイクロソフト "バイブル" 誕生秘話

熊村 剛輔 氏
マイクロソフト株式会社 セントラル マーケティング本部 ソーシャル メディア リード

Program-10 政治活動におけるツイッター活用

田村耕太郎 氏(参議院議員)
ほか(交渉中)

モデレーター:芦田宏直 氏
東海大学 教授

Program-11 ブログラム総括とソーシャルメディア時代の展望

(調整中)

Ending ご挨拶
20:00〜22:00予定 交流会



imarketer at 02:43|Permalink コカ・コーラ関連 | おすすめ

February 22, 2010

ジョージアアドバンス新発売!

 今日、コカ・コーラ パークをクリックした人はびっくりしたかもしれませんね。本年最大の(?!)ジョージア新製品:ジョージア・アドバンスが発売された記念にジャックしてみました(一人一回しか見れないので要チェック!)
http://c.cocacola.co.jp/

ジョージアのプロモーションでも先進的なグッズが当たったり。
GAadvance


誰でも応募できる製品のオフィスサンプリングもあります。
cp_bnr_advance_office




imarketer at 18:28|Permalink コカ・コーラ関連 | おすすめ

The Coca-Cola CompanyのSocial Media Strategy

今、話題になりつつあるソーシャルメディアの考え方が、Slide Shareというサイトで公開されています。
TCCCSOCIAL

http://www.slideshare.net/iStrategy/coca-colas-social-media-strategy

Michael Donnelly氏は2007年に日本でコカ・コーラ関係者に対するInteractive Marketingのセミナーを一緒に開きました。

今度はSocial Mediaのセミナーを開きたいですね!

imarketer at 05:00|Permalink コカ・コーラ関連 | おすすめ

February 21, 2010

宮里藍選手が優勝しました!

タイで行なわれているLPGAトーナメントHonda PTT最終日

宮里藍は18番チップインバーディ21アンダー、トップで終えました。
2位のSuzann Pettersenは16番をボギーで19アンダー

ウェッジでの見事なチップインを見ました!

本日9アンダーの63は立派!優勝が見えてきました!

http://www.lpgascoring.com/leaderboard.html

Suzann Pettersen選手が-19で迎えた18番のイーグルパットをはずして宮里選手の優勝が確定しました!2勝目おめでとう!

imarketer at 18:21|Permalink プライベートな話題 
記事検索
<ついに発売開始>
江端浩人 共著


コカ・コーラ パークが挑戦する
エコシステムマーケティング
CC Park

簡単!便利!会員特典盛りだくさん。
いますぐ登録しよう!


新規会員登録

Coca-Cola Parkとは
GEORGIA Blog Parts
上出来探検隊
家紋
Vingate Label Generator
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード
RSS
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。